2015年01月09日

FISワールドカップスキージャンプ第14戦

1月6日(現地時間)に行われたFISワールドカップスキージャンプ第14戦の結果です。
第14戦 ビショフスホーフェン(オーストリア) ラージヒル HS140 / K125

1. Michael Hayboeck (AUT) 288.4 (137.5m / 126.5m) (Ammann)
2. 葛西紀明 (土屋ホーム) 277.1 (132.5m / 137.0m) (Janda)
3. Stefan Kraft (AUT) 271.3 (133.5m / 132.0m) (Zniszczol)
4. Peter Prevc (SLO) 271.2 (133.0m / 134.5m) (Wenig)
5. Anders Jacobsen (NOR) 270.6 (130.5m / 136.0m) (Klusek)
6. Richard Freitag (GER) 265.1 (129.5m / 133.5m) (小林)
7. Gregor Schlierenzauer (AUT) 264.6 (132.0m / 130.0m) (清水)
8. Severin Freund (GER) 257.9 (131.0m / 128.5m) (Eisenbichler)
9. Anders Fannemel (NOR) 248.4 (130.0m / 127.0m) (竹内)
10. Simon Ammann (SUI) 246.7 (130.5m / 136.0m) * (Hayboeck)
11. Nejc Dezman (SLO) 245.7 (125.0m / 132.0m) * (Koudelka)
12. Michael Neumayer (GER) 243.1 (127.5m / 126.5m) (Deschwanden)
13. Roman Koudelka (CZE) 242.4 (125.5m / 128.5m) (Dezman)
14. Daniel-Andre Tande (NOR) 238.2 (124.0m / 127.5m) (Justin)
15. Kamil Stoch (POL) 237.9 (126.5m / 124.5m) (Kraus)
16. 竹内択 (北野建設) 235.8 (125.0m / 128.0m) * (Fannemel)
17. Matjaz Pungertar (SLO) 234.4 (129.5m / 120.5m) (Aigner)
18. Rune Velta (NOR) 232.9 (121.0m / 128.5m) (Kofler)
19. Gregor Deschwanden (SUI) 231.1 (124.0m / 126.5m) * (Neumayer)
20. Marinus Kraus (GER) 231.0 (125.5m / 123.5m) * (Stoch)
21. Dimitry Vassiliev (RUS) 226.8 (124.5m / 126.0m) (Kubacki)
22. Anders Bardal (NOR) 226.3 (127.0m / 123.0m) (Tollinger)
23. Thomas Diethart (AUT) 224.6 (122.5m / 123.0m) (作山)
24. Manuel Fettner (AUT) 222.0 (122.0m / 122.5m) (Boyarintsev)
25. Ilmir Hazetdinov (RUS) 221.8 (120.5m / 122.0m) (Zyla)
26. Stephan Leyhe (GER) 220.5 (120.5m / 121.0m) (Asikainen)
27. Jan Matura (CZE) 218.3 (121.0m / 120.0m) (Koivuranta)
28. Jernej Damjan (SLO) 214.9 (119.5m / 122.5m) (Maeaettae)
29. Robert Kranjec (SLO) 211.9 (121.5m / 117.5m) (Sjoeen)
30. Manuel Poppinger (AUT) 193.4 (120.0m / 112.0m) (Forfang)
31. Dawid Kubacki (POL) 109.0 (120.5m) (Vassiliev)
32. Markus Eisenbichler (GER) 108.4 (121.5m) (Freund)
33. Piotr Zyla (POL) 107.8 (120.0m) (Hazetdinov)
34. Daniel Wenig (GER) 106.9 (120.5m) (Prevc)
35. Jakub Janda (CZE) 105.2 (118.5m) (葛西)
36. 作山憲斗 (北野建設) 103.7 (118.5m) (Diethart)
37. Anssi Koivuranta (FIN) 103.3 (119.0m) (Matura)
38. Phillip Sjoeen (NOR) 103.2 (119.0m) (Kranjec)
39. Clemens Aigner (AUT) 102.1 (118.5m) (Pungertar)
40. Lauri Asikainen (FIN) 101.4 (117.5m) (Leyhe)
41. Vladislav Boyarintsev (RUS) 101.1 (117.5m) (Fettner)
42. Elias Tollinger (AUT) 100.4 (116.5m) (Bardal)
43. Johann Andre Forfang (NOR) 99.8 (118.5m) (Poppinger)
44. Rok Justin (SLO) 99.1 (116.0m) (Tande)
45. Bartlomiej Klusek (POL) 98.1 (115.5m) (Jacobsen)
46. Andreas Kofler (AUT) 97.9 (116.5m) (Velta)
47. 小林潤志郎 (雪印メグミルク) 93.6 (113.0m) (Freitag)
48. Jarkko Maeaettae (FIN) 93.4 (115.0m) (Damjan)
49. 清水礼留飛 (雪印メグミルク) 89.5 (113.0m) (Schlierenzauer)
50. Aleksander Zniszczol (POL) 85.8 (109.5m) (Kraft)

* : Lucky Loser
posted by いかわかのや at 00:21| Comment(2) | リザルト
この記事へのコメント
ん〜葛西惜しかった。
いつ優勝してもおかしくないジャンプしてますね。
ジャンプ週間は総合4位でしたね。
ニューヒーローHayboeckは勢いがありますが若いので
まだムラがあってこのまま行くとは思えない。
札幌が楽しみですね、現地観戦します。
何年振りだろうか?(笑)
Posted by アッシェンバッハ at 2015年01月11日 23:37
札幌大会でいつも気になるのが、欧州勢で誰が参加するのかということ。
特に総合成績上位の選手が来るか来ないか、試合の流れを左右するだけに
参加選手のリストが公表されるまでは気をもんでしまうところです。

Hayboeckは札幌に来たことは何回かあるはずですが、
昨年の大会には参加していないので、今年は来てほしいですね。
やはり、その調子良いところを生で見たいです。
Posted by いかわかのや at 2015年01月12日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: